鍵交換など、日常生活のトラブルを解決してくれるプロの技

防犯鍵を持つ人
防犯性能の高いカギ

防犯をする

鍵9

しっかりとした防犯対策をしたい場合は、鍵の110番に依頼をすると良いでしょう。どういったことをすると防犯レベルが上がるのか、アドバイスをくれる為対策を抜かりなくすることが出来ます。

便りになる存在

窓4

鍵はドアを開ける為に必要なものです。鍵がなくてドアが開かないなどの問題が起きた場合は、鍵屋さんに依頼をするなどの方法があります。また、オートロック式忘れないことでトラブルから回避出来ます。

犯罪に遭わない為に

2つの鍵

防犯対策の意識が低かったり、錆がついたままだと防犯レベルが低下してしまいます。防犯にまつわるトラブルは、自分達の意識に掛かっています。定期的にチェックをすると良いでしょう。

解決する為に

鍵10

カギの救急車は鍵のトラブルが起きた際に大活躍をしてくれます。いつどういったことが起こるか分からないことから、連絡先を控えているとすぐさま対応をしてもらうことが出来るでしょう。

ドア11

どういう業者なのか

 24時間対応、鍵の110番。すごく頼もしいフレーズですよね。誰しも、家なり車なり鍵の事で困ったことがあるはず。私も車で何度かお世話になりました。鍵のトラブルは一瞬でメチャメチャ焦るんですよね笑。そんな時助けてくれるのが「鍵の110番」です。業界としては、約10年前くらいからでしょうか。車の場合はJAFなどで対応できますが、家と車両方対応しているんです。アパートなどであれば、夜帰宅して鍵がないことに気づいてなんて場合、不動産屋さんは終わってるしもうお手上げですよね。時間もお待たせすることなく現場まで20分前後で到着してくれるそうです。 話はかわりますが、鍵の110番では鍵の110番2013年度1年間で8万件の鍵トラブルを解決してきたそうです。みなさん結構トラブルには会っているんですね。と、同時に8万件という数字によるスキルの高さも証明されます。 鍵の110番ピッタリな名前ですよね。鍵をなくした、鍵を開けたい、鍵がこわれた、直したい、鍵穴から鍵を作りたい。いろんな要望に答えることができます。 困ったとき、落ち着いて思い出してまず電話です。

 鍵の110番といっても、トラブルで出動して助けるだけが仕事ではありません。鍵を複雑な作りのものに変更するや防犯性の面から鍵を二重につけるや防犯カメラをつけるなど、会社やご自宅の防犯性をあげる相談にものってくれるんです。 まずは、鍵の110番複雑な鍵についてですが代表的なものにディンプルというものがあります。今までの鍵というと、たてに溝が切ってあり片側の側面がギザギザに切ってある鍵が一般的だったと思いますが、ディンプルタイプになると溝ではなく丸いくぼみやふくらみが彫ってあるんですが複雑な形状なうえ複製するのが非常に難しいため防犯性が高いと言われています。昔のように鍵屋さんにいって3分で鍵が作れるような鍵ではないということです。 次の鍵の110番ですが、これは昔から言われている空き巣犯人は鍵をあけるのにある一定以上の時間がかかると諦めるんだそうです。あと、テレビ番組でやっていましたが鍵の開ける回転方向シリンダーの向きを最初から逆につけるという方法。犯人は開けたつもりで逆に回しているので鍵はあかずパニックになるというしかけ。 あとは本格的な防犯カメラ等もあります。 これからの時代の防犯のお話でした。